個人再生のデメリットについて※個人再生する前に必ず知っておこう!

個人再生のデメリットについて※個人再生する前に必ず知っておこう!

個人再生のデメリットについて※個人再生する前に必ず知っておこう!

借金問題に悩む人を救済する合法的な手段というのは、現代社会では複数の手段が用意されています。
最も知名度が高く、負債を全て清算することができる自己破産は強力な救済手段となりますが、自宅や自動車といった財産も手放さなければならないため、それなりのデメリットも存在することとなります。

また最も多くの人に利用されている任意整理の場合、負債額を減額することができますが、他の整理手段に比べると減額幅が小さく効果が小さいと言わざるを得ません。

自己破産と任意整理の中間的な債務整理の手段として、一定の財産を確保しつつ負債額を大きく減額できる手続きが個人再生という手続きになります。

個人再生は裁判所に申し立てを行い、再生計画が認められることで原則として債務額を5分の1に減額することができる制度となっています。
個人再生は債務整理のように負債額を減額する制度であり、一定額の負債を返済しながら再生を図ることとなります。
自己破産と同じように裁判所に手続きを行いますが、一定の条件を満たすことで、住宅や自動車を保有し続けることができるのです。

個人再生を行うことで生じるデメリットとしては、信用情報に金融事故歴が載るため5年から10年の間ローンが組めなくなることや「官報」という国が発行する機関紙に住所氏名が載ってしまうことなどが挙げられます。

個人再生を申請する際は、メリットとデメリットをよく検討して行う必要があると考えられるのです。