個人再生とは※方法は?費用は?個人再生について徹底解説します

個人再生とは※方法は?費用は?個人再生について徹底解説します

個人再生とは※方法は?費用は?個人再生について徹底解説します

何らかの理由によって、借金の返済が履行できなくなった場合には債務整理を行うことになります。債務整理の主な方法としては、任意整理、個人再生、個人破産の3種類があり、それぞれの状況に応じて行うことになります。

このうち個人再生とは、任意整理と個人破産の間に位置した方法となっています。任意整理は、司法書士や弁護士などに依頼して、債権者に対して利息の免除などを求めるものです。任意整理は債権者の同意が必要なため、債権者が応じない限り実行することができません。また司法書士や弁護士などに費用を支払う必要があり、これは交渉に失敗しても費用は支払うことになります。一方で個人再生とは異なり個人破産は、最後にとられる方法で、裁判所に債務の返済が不可能になったことを申し立てて債務そのものを免除してもらうものです。自己破産のデメリットは、一定の財産が没収されるため家や車などを失う上に、官報に氏名と住所が記載されるなど社会的なペナルティを受けることになります。

個人再生とは、個人破産と異なり債務者に実現可能な返済計画を立てて、裁判所に提出し、それが認められれば返済計画に従って、返済を行うことになります。このさいに借金は全額または5分の1から10分の1に減額され現実的な返済額になります。また家や車などの財産は没収されないメリットがありますが、官報に掲載され自己破産同様のペナルティを受けます。また費用の負担も大きく30万円前後のお金が必要になります。